【名作ゆかりの温泉宿】暮らし・レジャー・エンタメ

2021年3月26日

~サザエさんも横綱もやって来た!開運旅行にぴったりの農家屋敷~
埼玉県 秩父・西谷津温泉
二百年の農家屋敷 宮本家

国民的アニメ『サザエさん』に登場する磯野家の仲良し家族は、大阪万博や沖縄海洋博、遠くはハワイへも出かけています。旅行好きな一家が、放映50年のメモリアルイヤーに向った先は……?どっしりとその地に根づいた秩父のお宿でした。

今回宿泊した「嫁」の間。設備の整った居心地のいい部屋で専用露天風呂が付いている。

アニメ『サザエさん』放映開始から50年の2019年。その記念番組としてお正月に放映されたのが「磯野家の開運旅行~秩父を行く~」。秩父神社にお参りしたり、わらじかつ丼を食べたり、秩父の名所名物が登場する。サザエさん一家が泊まったのは「吉井荘」。そのモデルになったのが今回紹介する「二百年の農家屋敷 宮本家」だ。

アニメ『サザエさん』に描かれた「吉井荘」の外観にそっくり。こちらは別邸の入口。

秩父は埼玉県の西部に位置し長い歴史を持つ地域。1300年前に作られた「和同開珎」の原料はここから産出された。今も多くのお寺が点在し、独特の文化が伝えられている。東京・池袋駅から特急列車で約80分と首都圏からも近い。にも関わらず、のどかな里山風景が広がっているのも魅力の一つだ。

宮本家はそんな秩父を代表するお家柄の一つ。地元の豪農として12代この地で暮らしてきた。「宿を始めたのは私の父ですが、それ以前から、お蚕の仕事をする人などが、泊めて欲しいとたびたび訪ねて来ていたそうです」と12代目の宮本一輝さんが話してくれた。

「父は、農家屋敷をテーマに宿を営みました。元々ご先祖が暮らしてきた木造母屋を客室に、馬屋をフロントに、蔵をバーに改築し、江戸時代の囲炉裏を残して、畑の野菜を食事に取り入れました。そうして秩父の豪農文化を伝える宿を作りあげたのです」。

元力士「剣武」の宮本一輝さんと和風美人の女将、宮本愛さんがお出迎え。

サザエさん一家が食事をしたのはここかな?別邸の囲炉裏は宮大工が作ったもの。

2013年に宿を受け継いだ12代目は、そこに自分らしい個性を加えていく。元幕内力士で横綱・白鵬と同期入門というユニークな経歴を活かし、「相撲」をお宿の随所にとり入れているのだ。

男性用に貸し出される力士浴衣もその一つ。おそらく日本でもこの宿でしか体験できないもてなし。力士のしこ名が入った粋な文様はシビれるほどカッコいい。

相撲といえばまずはちゃんこ。取材日には鶏ガラと塩昆布のダシに、野菜やキノコがたっぷりと入った鍋が出てきた。野菜の甘さがダシに溶け出し、旨みは濃いがさっぱりとしていて、次から次へと箸が進む。お腹がいっぱいになるけれども重くなく、翌朝すっきりとお腹が空くのも野菜がメインの鍋だからか。これは本当においしい。

季節ごとに替わる本場のちゃんこは馥郁(ふくいく)たる出汁が絶品!このほか囲炉裏焼きの川魚(取材日は鮎)やオリジナルの力士味噌もうまい。

夕食前には蔵を改装したバーで食前酒のおふるまいがある。野草や果実、花などを漬けた50種類以上の食前酒は、「喉に良いのはカリン酒」「疲れた時にはマタタビ酒」と代々宮本家で飲み伝えられてきたもの。グラスは相撲の決まり手が描いてある力士グラス。宮本さんから聞く相撲話も興味深く、ゲストとホストが交流できる貴重な時間になっている。

中庭の一角にある蔵バーは昼食前と夕食前にオープンする。取材時、力士グラスに描かれた決まり手は首投げでした。

お風呂はすべて貸し切り利用。作品中、カツオくんが風呂焚きのお手伝いをしていた五右衛門風呂と、ウリ二つのお風呂もある。別棟にあるこのお風呂、薪で焚いているため、下からぷくぷくと泡が上がってくる。浴槽の隣には冷たい源泉を溜めた釜があり、熱いときにはここから柄杓で源泉を汲んで温度調節ができる。源泉はほのかに硫黄が香り、アルカリ性らしいツルツルとした感触だ。

この温泉、3.5キロほど離れた「法性寺」の敷地内から自然湧出している。2日に一度、タンクローリーでお湯を運び、貸し切り風呂に注がれている。硫黄が香る素性のいいお湯は、地縁の深い宮本家にだけ分湯されており、秩父でも貴重なお湯の一つといえる。

のどかな集落の奥に鎮座する法性寺。

宮本家は、受け継がれてきた土地や家族の文化を大切にしながら営なまれている。泊まったあと「いい宿だったな」とあったかい気持ちになるのも、宮本さんご家族の思いのこもったもてなしの心が感じられるからだろう。それは『サザエさん』の世界観ともどこか繋がっているような気がする。

と、原稿を書いたところで当主の宮本さんから「宮本家に横綱が寄贈されたんですよ」と連絡をいただいた。横綱……?寄贈……?「白鵬関が締めていたあの白い綱ですよ。本場所はもちろんのこと、日本有数の神宮で奉納土俵入りに使用されたものなんです」とのこと。邪気を払い清める横綱パワーが加わった宮本家、まさに「開運旅行」にはうってつけだ。

【写真左】この春より展示見学ができるようになった“横綱”。こんな温泉宿、ほかにない!【写真右】当主の宮本さんと同期入門の白鵬関。宮本家には武蔵丸関、白鵬関、鶴竜関、稀勢の里関と歴代横綱が投宿している。

 

 


二百年の農家屋敷 宮本家

埼玉県秩父郡小鹿野町長留510
TEL. 0494-75-4060 (9:00~22:00)
【アクセス】
・西武秩父駅または秩父鉄道秩父駅より小鹿野車庫行きバス20〜30分の松井田バス停下車、徒歩5分(要予約で送迎もあり)
・関越自動車道花園I.C.より国道140号皆野寄居バイパス経由、約26㎞
https://www.miyamotoke.jp

【泉質データ】
秩父三十二番札所「法性寺」敷地内で自然湧出している温泉を運んでいる。泉質はアルカリ性単純硫黄冷鉱泉。加温、加水、循環ろ過、消毒あり。別邸庭園風呂と大釜風呂で使用されている。
【宿泊データ】
幕末の木造母屋をリニューアルした客室3室のほか、別棟に離れ風な3室。全6室のうち4室は専用風呂付き。ほか館内4か所のお風呂は全て貸し切り風呂。8畳ひと間~6畳+8畳+20畳という広い客室まで間取りもすべて異なっている。1泊2食1万5150円~。昼食+温泉6000円~、客室利用のできる0泊1食プラン1万円~、0泊2食プラン1万2000円~の日帰りプランもあり。料金は利用する客室などによって異なる。

 

徒歩5分の姉妹旅館「宮本の湯」には土俵露天風呂も。宮本家宿泊者は無料で利用できる。男女時間交代制で人数制限もあるので入浴前に確認を。

 

 

 


アニメ『サザエさん』

1969年に放映が始まったアニメ『サザエさん』。2013年には「最も長く放映されているテレビアニメ番組」としてギネス世界記録™認定された。永遠の24歳サザエさんが繰り広げるからりと明るいホームドラマは、どんな時代でも見る人の心をあたたかくしてくれる。毎週日曜夜6時30分~フジテレビで放映中。


温泉ライター 西村理恵

雑誌やテレビなどで温泉の魅力を発信。入湯数は国内外で1000湯以上。日本温泉地域学会理事、(公財)中央温泉研究所理事。「ねこ温泉 いぬ温泉」プロジェクト主宰。
https://catdogonsen.com

 

※価格には、消費税、入湯税が含まれています。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お出かけの際は各自治体などの最新情報をご確認ください。

ページ上部へ戻る