社宅入居マニュアル

 

5
危機管理マニュアル

[防災のための危機管理について]

災害が起こる前の危機管理

日頃から災害への危機意識を持つこと

地震や火災はいつ起こるか、わかりません。日頃から「もし地震が起こったら」「もし火災が起こったら」という強い危機感を常に持ち続けることが一番大切です。

災害への備えをすること

災害が起こった時に何をしたらよいのか?どう避難したらよいのか?を家族で日頃から話し合っておくことが必要です。心構えと手段、そして避難時に必要なもの(非常食・水・懐中電灯・ろうそくなど)を準備しておきましょう。

災害が起こった時の危機管理

冷静な判断で行動できる自助能力を養うこと

災害が突然襲ってきても、あわてずに冷静に行動しなければなりません。家族との連絡方法や避難場所など、あらかじめ決めておくことが大切です。

災害用伝言ダイヤル

局番なしの「171」

音声案内に従って操作することで伝言の録音・再生ができます。※災害の状況により異なる。

●録音時間:1伝言あたり30秒以内
●保存期間:災害用伝言ダイヤル(171)の運用期間終了まで(体験利用時は、体験利用期間終了まで)
●保存期間:電話番号あたり1~20伝言(提供時にお知らせいたします)

[地震に備える]

備蓄は最低3日分準備する

備蓄は最低3日分準備する備蓄は最低3日分準備する

非常持出し品はリュックサックの中に

非常持出し品はリュックサックの中に非常持出し品はリュックサックの中に

落下物の整理点検

家具は転倒防止用器具で固定し、照明器具・絵画などは落下防止策を構じておきましょう。食器棚・ガラス戸にはガラス飛散防止フィルムを貼ると効果的です。また、重いものや割れるもの、落ちてケガをするものは高いところに置かないようにしましょう。

安全で迅速に避難するために

底の厚いスリッパや靴、メガネをベッドや枕元に置いておくと安心です。また、廊下・階段・玄関に物を置かないようにしましょう。

ページ上部へ戻る