【第1弾】気をつけないと意外と不便?首都圏(1都3県)における地域慣習

 

賃貸管理を主幹事業とする“ハウスメイト”だからこそわかる、各地域の「賃貸不動産」商慣習を連載形式でお届けします!
第1弾は、首都圏における地域慣習です。





【第1弾】気をつけないと意外と不便?首都圏(1都3県)における地域慣習

電車やバスの路線、本数も多く、便利だと思われがちな首都圏。
通勤、通学、駐車場等、毎日の生活を実際にイメージすると意外と不便なことも?
お引越し後の、通勤経路や通勤手段、住環境を十分考慮しましょう。

ハウスメイトからのアドバイス

★ 下記エリアは、駐車場料金が高額になる傾向があります。

想像以上に月々の車の維持管理費用が発生してしまうため、駐車場の手配が必要な方は、車持参にて転居されるか事前にしっかりご検討ください。

東京都:23区内 三鷹市 武蔵野市 調布市
埼玉県:川口市 さいたま市 川越市 蕨(わらび)市 所沢市の各駅周辺
千葉県:市原市 浦安市 船橋市 習志野市 松戸市 千葉市の各駅周辺
神奈川県:横浜市 川崎市 藤沢市 鎌倉市 茅ヶ崎市 平塚市の各駅周辺

★東京都23区のJR山手線エリアへ勤務される場合の注意点
 (千代田区・中央区・港区・品川区・文京区・新宿区・豊島区・台東区)

家族帯同(中学生以下のお子様が同居される場合)の方は、住環境を考慮し、公共交通機関を使用してドア・トゥ・ドアで1時間~1.5時間程度の通勤時間がかかるお部屋を希望されるケースが多く見受けられます。
現在お住まいの場所での通勤時間よりも大幅に時間を要することも考えられますので、通勤時間の確認が重要です。

●首都圏(1都3県)の一般的な契約条件

※各契約条件は一般的なものです。実際のご契約の際は各契約条件をご確認ください。

●首都圏(1都3県)の主な地域慣習

① 「更新料 + 更新事務手数料」の費用発生
1都3県全域で共通して大きく差がでる部分は、更新時の費用です。
2年を超えて、お住まいになられることを検討される場合、契約条件にご注意ください。

② 東京都紛争防止条例特約
東京都の条例により、賃借人に解約時精算内容を明確に理解してもらうための特約条文があります。(例:「退去時のクリーニング代は借主の負担です」など)


知らなきゃ損!①

昨今、退去時の原状回復費用でのトラブルを避けるため、契約時に事前にクリーニング代を支払う内容の契約が増加傾向にあります。

知らなきゃ損!②

東京都の一部地域(品川区や港区)では、高額な物件や分譲賃貸の場合、償却契約となっている場合も見受けられます。また、山手線沿線エリアでは、1年未満での解約の場合、短期解約違約金が発生するケースも増えてきているようです。
※償却(敷引)契約とは? 
預け入れた敷金のうち、明け渡しの際に借主の債務のいかんによらず、一定額を控除(差し引き)する契約方式を指します。

区分所有や高級仕様の賃貸物件の場合、壁紙や建具自体が高額なことが影響していると思われます。高価格帯の物件をお探しの時は、敷金の扱いにご注意ください。

※掲載にあたっては、ハウスメイトが独自に調査した内容となっております。必ずしも、すべてに当てはまる情報ではない点を予めご了承ください。

ページ上部へ戻る