社宅退室のご案内

  社宅退室のご案内

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度ご利用中の社宅のご退室(解約)につきまして、今後のお手続きなどを下記にご案内申し上げます。
お忙しいことと存じますが、ご確認・ご対応のほど、よろしくお願い申し上げます。

1
社宅解約手続きについて

① 貴社からの社宅解約依頼に基づき、弊社(ハウスメイト)から物件管理会社(または貸主)へ、解約の申し入れをいたしました。
「解約日(家賃の最終負担日)」についてはメール本文に記載の日付をご確認ください。

② ハウスメイトで解約手続きを代行できるのは『法人名義でのご契約分のみ』となります。

個人名義でのご契約(保険や駐車場、バイク置場、駐輪場、インターネット、電気・ガス・水道など)については、ご自身でお忘れなくお手続きをお願いします。

2
引越し準備~退去立会予約について

① 退去立会(鍵返却)日時のご予約

引越し後、物件管理者と「鍵の返却・退去立会(ルームチェック)」が必要となりますので、引越し日時が決まりましたら、直接物件管理者へご連絡の上、退去立会のご予約をお願いします。(退去立会にはご予約が必要です)
※連絡先についてはメール本文に記載がありますので、ご確認ください。

② 公共料金(電気・ガス・水道)などの解約・移転・精算手続き

契約先をご確認の上、お電話(またはホームページ)にてお手続きをお願いします。

③ 引越しに伴う不要家具・家電などの粗大ゴミ、不要物の処分

お住まいの市区町村の自治体・清掃局などにご確認の上、ご退室までに処分してください。

④ インターネット、ケーブルテレビなどの解約手続き

ご契約先のプロバイダ、契約書類などをご確認ください。
レンタルしているモデムの返却や回線工事などが必要な場合があります。先方との日程調整や返却手配が必要となりますので、お早めにご対応ください。

⑤ 各市区町村への転出届

お住まいの市区町村の役所にてお手続きをしてください。
※この時に発行される「転出証明書」は、引越し先への「転入届」提出時に必要となります。

⑥ 郵便物の転出届

お近くの郵便局、またはインターネットからでもお手続きが可能です。

⑦ その他お手続き

上記記載は一例です。この他にも個人でご契約の携帯電話や保険、銀行、インターネット通販サイトの住所変更など、ご自身でご確認の上、お手続きをお願いします。

3
引越し(退去立会)当日について

① 退去立会は室内の荷物などがすべてない状態で行います。
お部屋の中はきれいな状態でご退室ください。

(注)室内にご自身で持ち込まれたもの(照明器具や物干しざおなど)やゴミが残っていると、撤去費用が発生します。

② 室内に備え付けの備品類を誤って持ち帰らないよう、ご注意ください。

(注)ご入居時にお部屋にもともとあったもの(洗濯機エルボや説明書など)は室内の備品になります。誤って持ち帰ってしまうと紛失扱いとなり、補充費用が発生します。

③ ご入居時に受け取った鍵(スペアキー含む)はすべてご返却ください。

※退去立会ができなかった場合は、物件管理者に鍵(スペアキー含む)の返却方法をご確認の上、速やかにご返却ください。

④ 貴社社宅規定によっては、ご退室後の原状回復費用(修繕費)のうち、 一部(または全部)がご入居者様のご負担となる可能性があります。

ご自身でつけてしまったキズ・汚れなどなのか、入居当初からあったのか、ご確認をお願いします。

⑤ 原状回復費用(内容)については、後日ハウスメイトと物件管理者で協議いたしますので、退去立会時に「費用負担の承諾」や「書面への署名」は避けていただけますよう、お願いします。

※金額などの了承ではなく、「退去立会を実施した」旨の承諾(サイン)であれば問題ありません。

社宅ご退室時の原状回復費用について

賃貸住宅をご退室する際に、一般的には下記〈過失例〉は賃借人の負担になると考えられています。貴社(グループ会社)の社宅規定によっては、ご退室時の原状回復費用のうち、一部もしくは全部がご入居者様のご負担となります。

箇 所 賃借人の負担が妥当なケース
クロス(壁紙) 破れ・落書き・着色汚れ・喫煙によるヤニ汚れ・お香による臭気 など
床材 擦り傷・ヘコミ・破損・着色汚れ・タイヤ、家具の直置による変色、破損 など
建具 破損・落書き・着色・喫煙によるヤニ汚れ など
備品紛失 鍵・リモコン・取扱説明書・備付照明器具・洗濯機エルボなどの紛失
残置物 家財・ゴミ・ご自身で設置したエアコン、ウォシュレットなどの残置による撤去費用
ペット ペット飼育による破損・汚損・臭気 など
善管注意義務違反 不具合発生時に物件管理者への連絡を怠った箇所
結露・カビの放置など、室内のお手入れを怠ったために発生した修繕費用
造作 室内を無断で改造した場合の原状回復費用
その他 通常使用の範囲を超えたもの

4
退室費用のご精算について

① ハウスメイトに見積書到着

ご退室後、物件管理者よりハウスメイトに「原状回復見積書」が届きます。
賃貸借契約書などと照らし合わせ、ハウスメイトにて内容(金額)を精査いたします。

② 請求内容の事実確認

ご入居者様の故意・過失が原因と思われるご請求が発生した際は、ハウスメイトからご入居者様へ事実確認のご連絡をさせていただく場合がありますので、ご協力ください。

③ 精算内容報告

貴社規定に準じ、ご請求内容を貴社へご報告・ご承認の上、精算手続きを進めさせていただきます。

ページ上部へ戻る